スキップしてメイン コンテンツに移動

恋愛相談|出会い結婚相談六本木ミッドタウン傍


彼氏恋愛相談 東京六本木



美人百花掲載の六本木のサロンです。
毎日幸せな事は起きる、時たま不幸なことは起きる。
実際の人生は日々が幸せなのですが、その恩恵に気付かずです。
出会いで悩み、恋愛で悩み、結婚で悩み、でも将来がある。
悩みは不幸ではなく、幸せの礎です。 貴女の結婚や彼氏の問題を・・。
匿名でも大丈夫です、ぜひどうぞ。

**********************************************************
対面カウンセリングと電話相談があります、
共にお電話で予約をお願い致します。
サロン 東京都港区赤坂9-6-28 アルべルコ乃木坂
TEL 090-8805-8765 
ご予約受付時間 AM10:00~PM23:00
営業時間     AM11:00~PM24:00
詳細や料金は自社サイト下記から参照下さい。
**********************************************************

コラム 
いま世界中から注目を集めているのは、イタリア人でヨーロッパ最年長寿となった女性とスコットランドの最年長寿の女性の発言。115歳のエマ・モラノさんと109歳のジェシー・ガランさんは、「長寿の秘訣は男性と距離をおくこと」と、お2人とも同じような発言をしているそうなのです。
エマさんは1938年に離婚してからずっと独身を通してきた女性。「長いこと1人で生きてきた人ほど、老後もしっかり生きて長生きする」と話しているそうです。
一方のジェシーさんは一度も結婚をしていない女性。「長寿の秘訣は男性と距離を置いて生きること。彼らは不快のもと」と話しているみたい。
このお2人に共通しているのは、男性と距離を置き、1人で生きてきたこと。ストレスの素になりがちな男性を遠ざけること、やはりそれこそが長寿の秘訣なのでしょうか?

ちなみにフランスで行われたある調査によれば、長い間独身で生きてきた高齢者はカップルや未亡人である高齢者よりも、高年齢に達した際の死亡率が下がるという結果が出ているそうです。このような調査結果からみても、やはり独身を通した方がより長生きできるということになるようですね。

日本では「独居老人」とか、「孤独死」とか、ネガティブなイメージばかりが先行する高齢者の1人暮らし。でもヨーロッパでは、1人の生活を楽しんでいる高齢者が多いみたい。
なにがなんでも結婚したい!と婚活に励んでいる方や、何度イベントに参加しても結果ができずに婚活の行き詰りを感じている方なども、人生の大先輩の生き方を習ってみるのも良いかもしれませんよ。考え方が変わればガツガツとした雰囲気も消え、ゆったりと余裕をもって婚活にのぞめるようになれるかもしれませんね。

テレビCMでお馴染みの、「女性は7の倍数、男性は8の倍数・・・」というフレーズ、気になっていたという方は多いみたいですね。このフレーズは東洋医学の文献『黄帝内経』にある「女性は7の倍数、男性は8の倍数の年齢のときに節目を迎え、体に変化が訪れる」という記述からきているものなのだとか。

女性の体についてみてみると、7歳の頃に永久歯に生え換わり、14歳で初潮を迎え、21歳で女性としての体ができ上がるといわれているそうです。さらに28歳では女性として体がもっとも充実し、35歳で容姿の衰えが・・・、42歳になると白髪が目立ちはじめ、49歳で閉経・・・。となんだか悲しくなってしまうので、このあたりでおしまいにしましょうね。

ともかく女性にとって7の倍数の年齢にあたるときは、体に変化が訪れるお年頃ということ。とくにアンチエイジングについて気になりだすアラサー世代にとっては要注意。容姿の衰えや白髪、閉経と、女性にとっては大問題がつぎつぎと起こってきますから、覚悟だけはしておきたいものです。
ちなみに中医学でアンチエイジングのために大切なのが「肝」と「腎」というキーワード。血液を蓄えるとされる肝と、アンチエイジングの要となる腎の働きを活性化することが重要なのだそうです。血が不足しがちで貧血気味の方や、ホルモンバランスが崩れて体調不良を感じている方は要注意。アンチエイジングだけでなく、健康的な毎日のためにも、肝と腎を元気にしてあげましょう。
元気とアンチエイジングのためにオススメな肝と腎の機能を良くする食材は、クコの実やウナギ、黒ゴマなど。それからレバーやエビなども良いそうです。こうした食材を食生活に摂り入れて、元気で充実したエイジングを楽しみたいものですね。



このブログの人気の投稿

恋愛結婚相談で結婚成就を

恋愛結婚相談 恋愛相談彼氏 電話相談恋愛
TEL 090-8805-8765  お問合せは上記からお電話ください。 六本木ミッドタウン傍です。 



結婚相談恋愛The gods send nuts to those who have no teeth.
歎異抄を読むと面白さにびっくりです。
親鸞上人の言葉を後年書いたものですが、文章力は素晴らしいです。
仏法の方に施入物の多少にしたがいて、大・小仏に成るべしということ。
この条、不可説なり、不可説なり。比興のことなり。
 まず仏に大・小の分量を定めんことあるべからず候や。
かの安養浄土の教主の御身量を説かれて候も、それは方便報身のかたちなり。
法性のさとりを開いて長短・方円のかたちにもあらず、青・黄・赤・白・黒の色をも離れなば、何をもってか大小を定むべきや。
念仏申すに化仏を見たてまつるということの候なるこそ、「大念には大仏を見、小念には小仏を見る」といえるが、もしこの理なんどにばし、ひきかけられ候やらん。
 かつはまた檀波羅蜜の行とも言いつべし。
いかに宝物を仏前にもなげ、師匠にも施すとも、信心欠けなばその詮なし。
一紙半銭も仏法の方に入れずとも、他力に心をなげて信心深くば、それこそ願の本意にて候わめ。
 すべて仏法に事を寄せて世間の欲心もあるゆえに、同朋を言いおどさるるにや。



恋愛結婚相談 恋愛相談彼氏 電話相談恋愛

貴女の恋愛の相談と復縁を可能にする六本木元彼相談OBERON

恋愛結婚相談 彼氏恋愛相談 東京六本木
美人百花掲載の六本木OBERONです。 毎日幸せな事は起きる、時たま不幸なことは起きる。
実際の人生は日々が幸せなのですが、その恩恵に気付かずです。
出会いで悩み、恋愛で悩み、結婚で悩み、でも将来がある。
悩みは不幸ではなく、幸せの礎です。 貴女の結婚や彼氏の問題を・・。 匿名でも大丈夫です、ぜひどうぞ。
********************************************************** 対面カウンセリングと電話相談があります、
共にお電話で予約をお願い致します。 サロン 東京都港区赤坂9-6-28 アルべルコ乃木坂 TEL 090-8805-8765 
ご予約受付時間 AM10:00~PM23:00 営業時間    AM11:00~PM24:00
詳細や料金は自社サイト下記から参照下さい。
(宗教・医療・販売は致しません) ********************************************************** コラム  独特のにおいがあって、ネバネバしている「納豆」…日本全国どこででも買うことができる、多くの人が大好きな納豆は、女性の強い味方であるスーパーフードであることはご存じですか。

大豆イソフラボン・ナットウキナーゼ・ビタミンB・アルギニン・ポリグルタミン酸…あまり耳慣れない栄養素もありますが、あの納豆の中にこれだけの栄養素が入っているのです。
女性ホルモンと似た働きをしてくれたり、血管をつまりにくくする成分であったり、細胞の新陳代謝を促進してくれたり、成長ホルモンを強力に分泌促進してくれたり、肌の保湿力やバリア機能を回復させてくれたり…人間の、女性に必要なものを「これでもか!」と促してくれています。

今すぐ納豆を食べましょう!
ですが、それで3食納豆…という必要はないようです。
日本では朝の食卓にのぼることが多いのですが、夜に食べた方がより効果を得やすいそうです。血管がつまることもあったり、「成長ホルモン」が分泌されるのは睡眠時なので、血管の通りをよくしたり、より分泌を促すために必要なのが納豆の栄養素なのです。
さらに、1度にたくさん食べればいいわけではないようです。体内で吸収できる大豆パワーは決まっているようで、多く食べても必要量以外は排出されていまいます。うまくできていますが、やはり納豆は1日…

いかなる時でも結婚とは褒めることである、お互いに心の中でどう考えようと

恋愛結婚相談 恋愛相談彼氏 電話相談恋愛
TEL 090-8805-8765  お問合せは上記からお電話ください。 六本木ミッドタウン傍です。 







結婚は鳥カゴのようなものだ。カゴの外の鳥は餌箱をついばみたくて中へ入りたがり、
カゴの中の鳥は空を飛びたくて外へ出たがる。
byモンテーニュ

正しい結婚の基礎は相互の誤解にある。
byワイルド

朝夕の食事はうまからずともほめて食うべし。
by伊達政宗

できるだけ早く結婚することは女のビジネスであり、できるだけ結婚しないでいることは男のビジネスである。
byバーナード・ショー

女はみんな結婚するほうがいい、男は一人も結婚しない方がいい。
byベンジャミン・ディズレーリ

男はみんな賭博師だ。でなきゃ結婚なんてしやしない。
byフレデリック・リット

あらゆる人智の中で結婚に関する知識が一番遅れている。
byバルザック

結婚――いかなる羅針盤もかつて航路を発見したことのない荒海。
byハイネ